介護セミナー

認知症の理解とBPSD 【熊本 第1回目】 
商品コード: seminer_2018.2.18

認知症の理解とBPSD 【熊本 第1回目】 

過去のセミナー受講者の声

 

セミナー開講日時



(第1回)平成31年2月16日 (第2回)2月23日

 

時間はともに10:30~16:00


 

講師


          

白石 均 【社会福祉士 福岡シティ福祉サービス代表】

 

 

会場


熊本県総合福祉センター

定員


           

15名

 

 

受講対象者


 ・介護現場に関わる介護職員、看護師など
 ・利用者の対人援助に携わる社会福祉士、生活相談員など
 ・計画作成担当者など


 

受講料


 1回につき5000円

 

  

 

 

セミナー概要

認知症とくにアルツハイマー型認知症が世界的に今問題になっています。日本ではすでに認知症の数が450万を超えていると発表があり、世界でも1億5千万人に達していると言われています。まさに福祉施設における認知症ケアが急務と言えましょう。特に昨年の改正で総合事業が創設され、その関係性から専門職に課される認知症ケアの重要性がますます増してきています。

このセミナーでは認知症の種類と医学的見解、また認知症の人の心がどのように感じているのかを解説していきます。そのうえでBPSDが減少する本人との接し方を解説していきます。また周辺症状を紐解いて介護記録の適切な表現の仕方、さらに介護計画をどのように組み立てていけばよいのか、事例を通じて解説を進めていきます。これを機に認知症全般の見直しを図ってみませんか。



講義内容


【認知症について】
・中核症状と周辺症状
・食事・排泄・入浴のケアについて
・認知症を抱える家族の心理とケアについて
・エリクソン生涯発達理論と見当識障害の関係
・BPSDと基本的欲求
・バリデーションの5つのステージ

【認知症における介護記録】
・介護記録の意義・目的
・BPSDの説明を聞く家族の思い


お問い合わせ

セミナー開催のお問い合わせはこちらまでお願いします。


福岡シティ福祉サービス
Tel 092-883-9144 (9:00~18:00 土、日、祝日除く)
Fax 092-883-1142
E-mail  fukuoka-fukushi@pro.odn.ne.jp
 
 
 研修等で外出が多く事務所を開けていることが多いので、上記連絡先にメッセージを吹き込んでいただければ、折り返しご連絡差し上げます。
その際お名前とご連絡先電話番号をお伝えください。ご連絡ができない場合があります。
 

お申込み

●申込方法     こちらをご覧ください⇒申込み手続詳細(PDF)
 
●受講申込
【FAXによるお申込み】
申込用紙をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、当事業所
(092-883-1142)まで送信ください。 セミナー受講申込用紙 【個人申込】  (PDF)

                       セミナー受講申込用紙 【団体申込】   (PDF)

【申込みフォームによるお申込み】                
当事業所HP  http://fukuoka-fukushi.com/seminer_H31.2_nintisyou.html
からもお申込みいただけます。
 
 
 

講師紹介

22973
福岡シティ福祉サービス代表
白石 均

社会福祉士
福岡シティ福祉サービス代表
社団法人・日本社会福祉士会会員
福岡市介護認定審査会委員

1968年6月20日 岡山県生まれ
近畿大学大学院・産業技術研究科修了後、大手学習塾にて講師・教務に携わる。
1998年以降13年間、ケアプランセンターにて給付管理業務、有料老人ホーム・デイサービスセンターにて生活相談業務、介護保険請求業務に携わる。
2012年5月、福岡シティ福祉サービス設立。介護請求代行・職員研修を主な業務としている。
業務経験談を交えた講義はレジュメとともに分かりやすいと定評がある。
 
【主な実績】
◆執筆
通所介護&リハ(日総研)
ケアマネジメント(日総研)
 

◆セミナー
・出張研修(長崎・佐世保)
・介護スキルアップセミナー
・事業所内研修(社協)
・Webセミナー収録(ビズアップ総研)
 
など
 
 
セミナー関連資料
こちらをご覧ください⇒セミナー告知用チラシ(PDF)