介護セミナー

高齢者と病気の介護医学②
商品コード: 2017/10/22/009

高齢者と病気の介護医学②

過去のセミナー受講者の声

「介護医学」講座(全4回)の第2回

高齢者と病気の介護医学②





日時:2017年1022日(日) 10:3016:00


会場:大阪府社会福祉会館 405会議室

   大阪市中央区谷町7-4-15

       (地下鉄谷町線・長堀鶴見緑地線「谷町6丁目」下車、

         4番出口より南に250m)


参加費:6,000

    ※前半・後半2回ずつ各11,000円
     ※4回通し20,000円
     ※連続受講の場合は、初回に受講料をまとめてお支払いください。
    ※受講料領収時にパスポートをお渡ししますので、次回以降、

     ご持参ください。
    ※パスポートがあれば、受講者の変更はご自由です。



問合せ・申込先:なるほどケア塾 

TEL.042-306-3771 FAX.042-306-3772



[講師プロフィール]

清藤大輔(きよふじ・だいすけ)

医師・老人保健施設志木瑞穂の里施設長

1994年、熊本大学医学部卒。仙台市での在宅ホスピス勤務医を経て、2003年より11年間、老健施設の施設医を務める。2014年より志木瑞穂の里副施設長、2015年より同施設、施設長に就任。



介護職・看護職・ケアマネさん向けスキルアップセミナー


[講義内容]

①慢性疾患の管理とアセスメント(1)

 脳血管障害(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・一過性脳虚血発作・慢性硬膜下血腫)/糖尿病/パーキンソン症候群と神経難病


②慢性疾患の管理とアセスメント(2)

 呼吸器疾患(肺炎・COPD・結核)/循環器疾患(心不全・虚血性心疾患・閉塞性動脈硬化症・高血圧・低血圧)/腎不全


③急変を見抜く介護職の役割と対応

 急変時とは/急変時の判断/緊急性の高い症状とは/介護職からの報連相/ケアの質を上げると診断が早まる/慢性疾患の急性増悪


④高齢者への薬物療法とそのリスク

 ハイリスク薬とは/多剤併用の弊害/薬は5種類以下に/安全な薬物療法の9原則/ケアで薬は減らせる/新規症状は薬の副作用を疑え



[お申込み方法]

①円窓社のホームページにアクセスしてください。

 http://ensosha.com

②右側にあるコンテンツから「なるほどケア塾」をクリックしてください。

③月単位、開催日順に並んでいますので、ご希望のセミナーにアクセスしてください。

④ご希望のセミナーの下方「セミナー詳細、受講申し込み」にお進みください。

⑤「セミナー詳細パンフレット」のPDFファイルをプリントアウトしてください。

⑥必要事項をご記入の上、FAXでお申込みください。

 FAX番号:042-306-3772


 ※お電話でのお問い合わせは、042-306-3771 までお願いいたします。