介護セミナー

口腔ケア 基本の“き”  〈講義と実習〉
商品コード: 2017/11/22/010

口腔ケア 基本の“き”  〈講義と実習〉

過去のセミナー受講者の声

口腔ケア 基本の〈講義と実習〉


――歯科衛生士による現場で活かせる体験研修――



日時:2017年11月22日(水) 10:3016:00


会場: 林野会館  603会議室

    文京区大塚3-28-7

   (地下鉄丸ノ内線「茗荷谷」駅より徒歩10分)


参加費:6,000


問合・申込先:なるほどケア塾 

TEL.042-306-3771 FAX.042-306-3772


[講師プロフィール]

亀井智子 (かめいともこ)

認定在宅療養指導歯科衛生士(口腔機能管理)、嚥下トレーナー、ケアマネジャー。

現在、フリーランスの歯科衛生士。特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、在宅へ出向き、口腔ケア、食支援の指導を行っている。大学研修センターの講師も兼任。介護職、看護職、介護家族者向けの口腔ケア、マナー実習講師を務める。また、グループホームのケアマネジャーとして、介護現場に携わる。


ほとんどの要介護者はお口の問題を抱えています!

まずはお口の中を知り、お口のチェック方法を学びます。摂食・嚥下障害を自分で体験してみて、お年寄りの気持ちを知ります。現場で困っている症例を採り上げ、みなで考え、答えを出していく事例検討を行います。参加形の実習をとおして、口腔ケアの実際を体得します。




[講義内容]

10:3011:30 [講義1]まずはお口の中を知ろう


        口腔内観察の方法/嚥下のメカニズム/飲み込みとむせ/誤嚥性肺炎とその予防/口腔ケアの必要性/お口が臭いのはどうして?/なぜ誤嚥性肺炎で入退院を繰り返すのか


 11:4012:40 [講義2]現場の症例から考える       


嚥下障害とは/誤嚥性肺炎のチェック方法/なぜ、食べにくいのか/入れ歯の方のケア/歯周病の方のケア/出血や歯がグラグラの方のケア/舌の汚い方のケア/歯ブラシの選び方


(昼食)


13:4014:45 [実習1]口腔ケアの実際

       (ケアグッズの知識と磨き方)      


口腔ケアの手順/口腔ケアグッズの活用法/ケアグッズの実体験(ブラシの動かし方、スピンブラシの使い方)/介助する側・される側、双方から体験してみる


14:5516:00 [実習2]困難事例へのアプローチ


        認知症の方/麻痺のある方/誤嚥しやすい方/痰がいっぱいの方/お口が乾燥して汚れている方/経管栄養の方/うがいができない方/お口が臭う方


 

[お申込み方法]

①円窓社のホームページにアクセスしてください。

 http://ensosha.com

②右側にあるコンテンツから「なるほどケア塾」をクリックしてください。

③月単位、開催日順に並んでいますので、ご希望のセミナーにアクセスしてください。

④ご希望のセミナーの下方「セミナー詳細、受講申し込み」にお進みください。

⑤「セミナー詳細パンフレット」のPDFファイルをプリントアウトしてください。

⑥必要事項をご記入の上、FAXでお申込みください。

 FAX番号:042-306-3772


 ※お電話でのお問い合わせは、042-306-3771 までお願いいたします。