介護セミナー

すぐに使えるシーティング
商品コード: 2019/11/16/014

すぐに使えるシーティング

過去のセミナー受講者の声

 

すぐに使えるシーティング

 

― 快適な「坐り」の原理を学び、

 それを実感していただくセミナーです

 

 



日時: 1116日(土) 10:3016:00

 

 

会場: JA松本市会館 301会議室

    松本市深志2-1-1

   (JR松本駅より徒歩5)

 

 

受講料:7,000

 

 


問合・申込先:なるほどケア塾 

TEL.042-306-3771
FAX.042-306-3772

 

 

[講師プロフィール]

光野有次

金沢美術工芸大学卒業後、日立製作所デザイン研究所に勤務。1974年、でく工房設立。1983年、重症心身障害児施設勤務。2011年より、「でく工房」取締役会長。2016年より、一般財団法人日本車椅子シーティング財団監事。国際医療福祉大学大学院非常勤講師(シーティング担当)。参考図書:『これならわかるシーティング』(ヒポ・サイエンス出版)1,300+(別売)

 

 

◎シーティングとは、快適な「坐り」を実現する方法です。
現代人の多くは坐って過ごす時間が長くなっています。この時間をいかに過ごすことができるかが、快適な生活を実現するための重要なポイントとなります。
視点を変えてみると、立って歩けなくなった場合、坐位は生活のなかで最も重要な姿勢と言えます。もし坐位が苦痛であるならば、あるいは坐位が不能になれば、横にならざるを得ません。横になってしまうと日常の活動は限られ、健康も損ないます。

 

 

 

[講義内容]

 

[講義1]なぜ長く坐ると疲れるのか
立って歩くために進化した人体構造/重心と支持基底面/2足歩行は省エネモード/重力との折り合い/骨盤の傾きが脊柱のカーブを決める/ヒトは坐るのが苦手


[講義2]坐位と椅子の基礎知識
ヒトの坐位姿勢/床坐と椅子坐/目的に応じた椅子の角度や形状/椅子の種類/寝た
きりはなぜ問題か


[講義3]シーティングの実際
シーティングにおける3ステップ=1:臥位の評価/2:坐位の確認/3:用具への適応
/
よくある困難事例/3つのチェックポイント/車椅子・椅子の調整と注意

 

[講義4]「現場」の問題と解決方法
シーティング臨床マトリックス/用具の選び方と活用方法/身体拘束と姿勢保持/新しい車椅子の開発

 

 

 

[お申込み方法]

円窓社のホームページにアクセスしてください。

   
http://ensosha.com

右側にあるコンテンツから「なるほどケア塾」をクリックしてください。

月単位、開催日順に並んでいますので、ご希望のセミナーにアクセスしてください。

ご希望のセミナーの下方「セミナー詳細、受講申し込み」にお進みください。

下段の「受講申し込み」から「入力フォーム」にお進みいただき、必要事項をご記入の上、送信してください。

FAXにてお申し込みの場合は、「セミナー詳細パンフレット」から「詳細PDF」にお進みいただき、ファイルをプリントアウトしてください。チラシ下段の申し込み欄に必要事項をご記入の上、FAXにてお申し込みください。

   FAX番号:042-306-3772

 

お電話でのお問い合わせは、042-306-3771 に、またメールでのお問い合わせはinfo@ensosha.co.jp までお願いいたします。