介護セミナー

看取りケアの実態~多職種連携とライフサポートケア~グループホームをモデルに考える
商品コード: 看取りケアの実態

看取りケアの実態~多職種連携とライフサポートケア~グループホームをモデルに考える

過去のセミナー受講者の声

多死時代と呼ばれる今、地域密着型サービスであるグループホーム(認知症対応型共同生活介護)において、看護師が医療連携のキーマンとなり、主治医と連携することで、グループホームの終末期ケアを行う機会が増えた。

グループホームでは、日常生活の先に看取りがある。

ケアの対象者は、あくまでも地域生活者であり、その看取り期の支援には家族、介護職、看護師や医師を含めたチームケアの視点が重要である。

 「せせらぎ」の場合、看護師が医療連携のキーマンとなり、主治医と連携することで、グループホームの終末期ケアが社会的にも認められ、医療連携加算や看取り加算が創設された。

内容

 講師 高橋恵子

 日本認知症グループホーム協会 熊本県認知症介護指導者グループホームせせらぎ

 Dementia
care at the end of life in a group home

グループホーム 看取り 地域と文化 多職種連携 ライフサポートケア

 

1. グループホームの今までの看取りの現状から

2. 地域と医療の現状から ?高齢化は進み在宅医療は受けにくい地域?

3. 家族と共に支えるグループホームの看取りケアの実際

      1)事例紹介

      2)看取り期までの支援の概要

      3)看取り期の支援の開始(導入期)

      4)家族とスタッフのケアミーティング

     5)実際のケア内容から

        準備期・開始期・安定期・終末期・臨終期・死別期

4. 事例から伝えたいこと

5. 地域におけるグループホームの看取りの展望

 

お申し込みは下記のURLから

http://www.kangoiryo.com/seminar/201804/21-k-takahashi.html

お電話でのお申し込み 0725-40-3356(平日の830分から530分まで)
●FAX
でのお申し込み  0725-40-3357(24時間受付します)

フリーダイヤル0120-442-119(携帯電話からはお繋ぎできません)

●団体でのお申し込みには割引があります●

2名から4名お申し込みの場合は5%off→9,234
5名から9名お申し込みの場合は10%off→8,748