介護セミナー

商品コード: 変形性膝関節症・変形性股関節症に対する評価と治療~機能・歩容改善へ向けて~

「歩く!!」 変形性膝関節症・変形性股関節症に対する評価と治療~機能・歩容改善へ向けて~

過去のセミナー受講者の声

講師から受講生のみなさんへ.

今回は外来で非常に多く対象とする変形性膝関節症・変形性股関節症の評価・治療について、機能だけではなく歩容まで掘り下げながら、実技も多く行わせて頂きます。

 変形性膝関節症・変形性股関節症は整形疾患の外来で、多く遭遇する疾患となります。

 進行が進むと、手術適応となり得る疾患です。しかし、多くの方が保存療法の対象となるのが事実です。 正しい知識と技術を身に付け、一人でも多くの方の進行予防・手術回避に貢献しませんか?「明日の臨床が変わる」、「歩ける!!」ということで「一人でも多くの方の笑顔を見られる」そんなセミナーにしたいと考えています。

内容.

1. 疾患概要(膝・股関節の解剖学・機能解剖学・運動学)

2. ROM制限に対する治療

3. 筋力低下に対する治療

4. 脚長差について

5. 特徴的な歩容とその解釈

stiff knee ,荷重量低下,外転歩行・trendrenburg症例に対する介入(立脚期・遊脚期歩容練習、荷重量低下(恐怖心を有する患者)に対する介入

・歩容改善に必要であると考えられる機能について、CKC exについて)

6. 腰椎と膝関節・股関節の関連

7. 全身から捉えた変形性膝関節症・股関節症に対する評価・治療

8. ホームエクササイズの例

9. 各種筋筋膜・関節治療テクニック

 トリガーポイント療法、 関節モビライゼーションテクニック etc

こちらのURLからお申し込みください。

https://www.kangoiryo.com/seminar/20180902-isaji/

お電話でのお申し込み 0725-20-5327(平日の830分から530分まで)
●FAX
でのお申し込み  0725-20-5328(24時間受付します)