eかいごナビ > 雲母書房 > 介護施設における虐待を考える【名古屋】
新規会員登録
  • バナー01
  • バナー02
  • バナー03
  • バナー04
  • バナー05

介護セミナー

  • NEW
  • オススメ
商品コード: seminar20170729-2

介護施設における虐待を考える【名古屋】

販売価格(税込) 5,000 円
通常価格: 5,000 円
ポイント: 50 Pt
個  数:
レビューを見る 過去のセミナー受講者の声





== 本サイト上での販売は、開催日の前日までです ==

申込方法
ご希望のセミナーを参加人数分カートに入れてご購入ください
※会員登録がお済みでない方は先に登録をお願いします

【クレジット決済】 または 【セミナー当日払い】を選択してください

ご購入後【申込完了通知】がご登録のメールアドレスに届きます

当日は【申込完了通知】をプリントアウトしてご持参ください

注意事項 ◎【クレジット決済】でご購入後の返金は行なっておりませんのでご注意ください
◎【セミナー当日払い】を選択された場合、eかいごナビのポイント付与はございません
◎【申込完了通知】が届かない場合は、マイページより【受付票(PDF)】をダウンロードしてご持参ください。※印刷が出来ない場合、スマートフォン等の画面で確認いたします

研修名 介護施設における虐待を考える【名古屋】
講 師 高口光子 (理学療法士/介護老人保健施設「星のしずく」「鶴舞乃城」看介護部長)
日 時 2017年7月29日(土)
時 間 10:30~16:00 (受付9:45~)
会 場 桜華会館 (松の間)
愛知県名古屋市中区三の丸1丁目7-2
【アクセス】
名城線「市役所駅」5番出口より徒歩8分
桜通線「丸の内駅」4番出口より徒歩15分
鶴舞線「丸の内駅」1番出口より徒歩10分

料 金 5,000円 (税込)
内 容
介護ストレス、不適切ケア、常態的身体拘束は、やがて虐待に至ります。
虐待が顕在化する前に、私たちに出来ることは、その過程を知り、考え、修正することです。




知っておきたい「反倫理行為」
□ なぜ、介護ストレスは発生するのか
□ 不適切ケアとは
□ 常態的身体拘束とは
□ 顕在化した虐待

個人・施設の虐待を整理する
□ 意図的虐待と非意図的虐待
□ 「個」の視点からみた虐待
□ 「集団」の視点からみた虐待

虐待対策の先に見える展望
□ 職員を孤立・孤独に追いやらないために
□ 個の内的変化を吐き出せるチームへ

この商品を購入したお客様の声

まだレビュー投稿がありません