eかいごナビ > 雲母書房 > 髙口光子流 元気が出る介護塾【東京】第4回目
新規会員登録
  • バナー01
  • バナー02
  • バナー03
  • バナー04
  • バナー05

介護セミナー

  • NEW
  • オススメ
商品コード: seminar20170822

髙口光子流 元気が出る介護塾【東京】第4回目

販売価格(税込) 7,500 円
通常価格: 7,500 円
ポイント: 75 Pt
個  数:
レビューを見る 過去のセミナー受講者の声

== 本サイト上での販売は、開催日の前日までです ==
申込方法

ご希望のセミナーを参加人数分カートに入れてご購入ください
※会員登録がお済みでない方は先に登録をお願いします

【クレジット決済】 または 【セミナー当日払い】を選択してください

ご購入後【申込完了通知】がご登録のメールアドレスに届きます

当日は【申込完了通知】をプリントアウトしてご持参ください

注意事項
◎【クレジット決済】でご購入後の返金は行なっておりませんのでご注意ください
◎【セミナー当日払い】を選択された場合、eかいごナビのポイント付与はございません
◎【申込完了通知】が届かない場合は、マイページより【受付票(PDF)】をダウンロードしてご持参ください。※印刷が出来ない場合、スマートフォン等の画面で確認いたします

研修名
髙口光子流 元気が出る介護塾【東京】第4回目
講 師
髙口光子  (理学療法士/介護老人保健施設「星のしずく」「鶴舞乃城」看介護部長)
神奈川県生まれ。1 9 8 5 年に老人病院に理学療法士として勤務。その後、1995年に特別養護老人ホーム「シルバー日吉」、2002年に老人保健施設「ききょうの郷」を経て、2007年より介護老人保健施設「鶴舞乃城」、2012年より介護老人保健施設「星のしずく」の看介護部長。また、全国で講演活動を続けており、現場から絶大な支持を得ているカリスマ介護アドバイザー。NHKをはじめテレビ番組や各種メディアにも多数出演。主な著書、「介護リーダーの超技法」(雲母書房)「介護施設で死ぬということ」(講談社)など多数。

日 時
第4回目 2017年8月22日(火)
時 間
10:00~16:00 (受付9:15~) ※全回共通
会 場
全水道会館 (中会議室)
東京都文京区本郷1-4-1
【アクセス】
JR水道橋駅 東口(お茶の水駅より)下車2分
都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口1分


料 金
7,500円(税込)
内 容

笑いあり、感動あり、
カリスマ介護アドバイザー髙口光子の
ノウハウを凝縮した新8講座!



第1回目 「何のために、介護していますか?」
◎私たちは、何のために何のための介護をするのか
◎個別ケアはどこまで実現できるのか
◎食事・排泄・入浴ケア、個別化の実践と実例紹介

第2回目 「言いたいこと、言えていますか?」
◎なぜ、私の思いはまわりに伝わらないのか
◎どうして私はいつもいつも振りまわされているのか
◎考え方の違う職員への「思い」の伝え方

第3回目 「それ、虐待じゃないといえますか?」
◎認知症の方の本当のニーズと自分自身の思い込み
◎ついやってしまう不適切ケアを指摘し合える仕組み
◎顕在化した虐待に至らせないための最後の砦

第4回目 「その記録、本当に必要ですか?」
◎なぜ、介護記録は必要なのか〜法的根拠の視点から
◎書けないのか、書かないのか、仕分けと対応法
◎現場で必要とされるホントの「記録」とは

第5回目 「クレームから逃げていませんか?」
◎苦情・クレームの3つの段階とそれぞれの対応法
◎家族の「言うに言えない思い」を読み取る力
◎事故の対応と対策の仕組みづくりと人材育成への応用

第6回目 「多職種間、こじれていませんか?」
◎多職種連携を具体的な目に見えるカタチで実現する
◎グループワーク!職員の本当の気持ちを引き出す面談技術
◎積極的な発言が飛び交う、人を惹きつける会議の開き方

第7回目 「人手不足、何が足りないですか?」
◎業務を仕分ける! 本当に足りないのは人材か?人数か?
◎良い職員が辞めないための環境とチームづくり
◎悪い職員の見極めと指導法、見切りの決断とタイミング

第8回目 「新人が育つ仕組み、持っていますか?」
◎定着率が上がらない本当の理由と新人育成のポイント
◎人を育てる仕組みづくり!プリセプターシップの導入
◎研修体制の整備と働きやすい環境づくり

この商品を購入したお客様の声

まだレビュー投稿がありません