eかいごナビ > 考える杖×なるほどケア塾 > 最期まで口から食べる!2021 連続講座第1回【オンライン】
新規会員登録
  • バナー02
  • バナー03
  • バナー04

人気ランキング

介護セミナー

  • NEW
  • オススメ
商品コード: seminar20211210-20220531inagawa1

最期まで口から食べる!2021 連続講座第1回【オンライン】

販売価格(税込) 7,000 円
通常価格: 7,000 円
ポイント: 70 Pt
個  数:
レビューを見る 過去のセミナー受講者の声

本講座では、「認知症ケア専門士」の方が資格更新に必要な単位が取得できます
1日受講で3単位 全2回受講で6単位取得可能!
後援:一般社団法人 認知症ケア学会

== 本サイト上での販売は、2022年5月20日までです ==
申込方法

ご希望のセミナーを参加人数分カートに入れてご購入ください
※会員登録がお済みでない方は先に登録をお願いします


【セミナー当日払い】を選択してください

マイページより【受付票(PDF)】をダウンロードして、保管してください。
************************************************************
【ご注文の流れ】
注文の際は必ずメールアドレスをご記入ください。

【請求書】をお送りいたします。

入金確認後、動画配信サービス担当の「くるんば」より【利用規約など】【ログインURL】【ID】【パスワード】をお送りし視聴許可のための配信手続きをいたします。お支払いが済んでいない場合は、視聴ができませんのでご了承ください
************************************************************
【お申し込みに必要な項目】◎印は必ずご記入ください
・施設名(施設で申込まれる方)
◎お名前(視聴者名)
・振込人カタカナ名義(入金確認の照合のためお申込の施設名やお名前と異なる場合はお知らせください)
◎住所
・電話番号
・FAX番号
◎E-mail アドレス(こちらは必ずご記入ください)
・認知書ケア専門士の【参加証明証発行】の有無
・【受講証明書】発行の有無
・受講料の【領収証】発行の有無
◎これまでにくるんば 動画配信を利用【有】【無】
注意事項
※振込手数料はご負担ください。現在のところクレジット決済は行っておりません
※返金は動画配信の中止を除き、基本的に行っていません。配信前のお客様のご都合によるキャンセルは、返金手数料含めた20%をご負担いただきます(配信後のキャンセルはできませんのでご了承ください)
※通信料金がかかりますのでWi-Fi 環境での視聴をおすすめします!
※同一【ID 】【パスワード】で、複数端末(スマホ・タブレット・PC)での 同時ログイン(視聴)はできません
※PC、スマホ、タブレットでの視聴を想定しています。大画面(スクリーンに照射)や4Kや高画質な機器などの環境では画質の保証はできません)


研修名
最期まで口から食べる!  2021連続講座 第1回【オンライン】
講師
稲川利光 (医学博士/カマチグループ関東本部、リハビリテーション関東統括本部長)
1982年、九州リハビリテーション大学校を卒業後、福岡市内の病院に理学療法士として勤務。その後医師を志し、1987年、香川医科大学に入学。1987年より伊豆逓信病院に勤務。2005年より13年、NTT東日本関東病院リハビリテーション科部長として勤務。2018年10月より、原宿リハビリテーション病院・筆頭副院長を経て現職。

配信日時
第1回 配信期間2021年12月10日(金)~2022年5月31日(火)

配信時間
約4時間
会場
オンライン
料金
7,000円(税込)



内 容
全2回
第1回 「誤嚥性肺炎から命を守る」

■摂食・嚥下障害とはなにか 
高齢者の疾患の特徴/高齢者の疾患の管理/正常嚥下のメカニズムとその異常/摂食・嚥下障害の原因
■摂食・嚥下障害の事例検討
さまざまな嚥下障害/VFで見る嚥下障害/嚥下訓練の事例/嚥下体操の事例
■誤嚥性肺炎の原因と症状
誤嚥性肺炎の原因/誤嚥防御反応/口腔細菌と口の清潔/鼻から呼吸の重要性
■誤嚥性肺炎を防ぐリハビリと体操
のどのトレーニング/むせや咳・痰への対応/口の渇きと脱水症/
(もぐもぐごっくん)嚥下体操

◎埼玉会場  :  第1回2021年11月6日(土)
第2回 「口腔ケアと食事&排泄ケアの極意」

■フレイルとサルコペニアを予防する
身体的フレイルの診断基準/フレイル(虚弱)の予防/サルコペニア(筋肉量の減少)の予防/栄養管理と運動
■口腔ケアのポイント  
「口腔の構造/口腔ケアと全身管理/口を通して心が通う/口への関わりはケアの要
■食事ケアのポイント 
体の栄養・心の栄養/低栄養の克服/姿勢(ポジショニング)を整える/環境を整える/手を添えるということ
■排泄ケアのポイント
摂食嚥下と排泄(排便)/食事と排泄はセット/自然排便の重要性/事例を通じたケアの実際

◎埼玉会場  :  第2回2021年12月4日(土)

この商品を購入したお客様の声

まだレビュー投稿がありません