eかいごナビ > 雲母書房 > 新しい介護学 生活づくりの入浴ケア
新規会員登録
  • バナー01
  • バナー02
  • バナー03
  • バナー04
  • バナー05

書籍

商品コード: 978-4-87672-233-4

新しい介護学 生活づくりの入浴ケア

販売価格(税込) 2,160 円
ポイント: 20 Pt(税抜き価格として)
個  数:
レビューを見る


【著者】三好春樹+金田由美子+山田穣+西間元章《共著》
【判型】A5判/並製
【頁数】164
【発行】2008年06月30日


【内容】
三大介護の決定版!
作業的な入浴ケアはやめよう!
お風呂好きな日本人だからこそ一人ひとりに気持ちよい入浴ケアを。


【目次】
1 入浴ケアの分業化をやめよう(三好春樹)
    ・「おれは機械でなければ風呂に入れないのか?」
    ・ほんとうに機械浴はこわい!
    ・まずハードを変えよう、そしてソフトを変えよう
    ・浴槽の高さによって入りやすさが決まる
    ・入浴サービス事始め
    ・入浴サービスで出会った老人
    ・訪問介護で出会った老人
    ・介護は客観的なデータに置き換えられるか
    ・「ブリコラージュ」という言葉に出会う
    ・屋台方式という生産方法
    ・屋台方式を入浴ケアにも活かそう
    ・分業化しない入浴ケアの方法
    ・自分の好きな人を選んでお風呂に入れる
    ・好きな温度で入れてあげよう
    ・大規模な施設こそいいケアができる
2 生理学に基づいた浴槽からの出方(三好春樹)
    ・人の動きはパワーではない
    ・人の動きの本質はバランスだ
    ・立ち上がりの生理的曲線
    ・人の自然な立ち上がり方
    ・いすの座面までの高さを測ろう
    ・足を引けない不適切な介護用具
    ・ベッドから立ち上がるときの介助法
    ・床から立ち上がるときの介助法
    ・いすに座るときの介助法
    ・正しい手すりの位置と湯船からの出方
    ・生活習慣を大事にしよう
3 生き活き暮らすための入浴ケア(金田由美子)
    ・介護の役割とは何か
    ・育児も介護も補いのバランスが大事
    ・生き活きした暮らしを支える
    ・いい介護に出会えれば最後まで生き活きできる
    ・自尊心や羞恥心を支えるケアをしよう
    ・ぼけた人を介護するとき
    ・生活の中での入浴の役割
    ・入浴介助を学ぶ前に
    ・入浴ケアでの事故を防ぐ
    ・こんな入浴介助を見ました
    ・昔の感覚を生かした入浴ケアをしよう
    ・脱衣室に来て、衣服を脱ぐとき
    ・生活リハビリ式入浴のポイント
    ・浴室に入ってから
    ・浮力を体感しましょう
    ・浴室から出て、服を着るとき
    ・資格に恥じないケアをしよう
4 生活づくりの介護をするための浴室改修(山田 穣)
    ・介護の中身を考えよう
    ・介護にスタンダートはあるのか
    ・「寝たきり老人」を作っていたころ
    ・「オムツ外し学会」に衝撃を受ける
    ・「生活づくりの介護」をしてほしい
    ・なぜ掘り込み式のお風呂は使いにくいのか?
    ・浴槽の種類 ◎浴槽の種類/◎浴槽のサイズ/◎浴槽の主な材質
    ・浴室を改修するメリット
    ・どうすれば浴室を改修できるか
    ・浴室改修のビフォー&アフター
    ・お風呂は個室で入りたい
    ・どうすればソフトを変えられか
5 個浴導入で機械浴ゼロ!(西間元章)
    ・入浴ケアの見直しが始まった
    ・入浴・食事合同委員会で検討
    ・新しい業務で大混乱
    ・機械浴をやめて、個浴に挑戦
    ・「プロジェクトU」でつかんだきっかけ
    ・お風呂は夕飯後に入ろう

この商品を購入したお客様の声

まだレビュー投稿がありません