eかいごナビ > 雲母書房 > 身体障害学
新規会員登録
  • バナー01
  • バナー02
  • バナー03
  • バナー04
  • バナー05

書籍

商品コード: 978-4-87672-061-3

身体障害学

販売価格(税込) 2,700 円
ポイント: 25 Pt(税抜き価格として)
個  数:
レビューを見る
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【著者】三好春樹
【判型】A5判/上製
【頁数】268
【発行】1998年04月25日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【内容】
専門家ほど管理的になるのはなぜか?
近代的知識と技術を、老人を受け身にするのではなく、生活の主体になるための武器にしたいー
著者の思いが溢れるシリーズ第3弾では、片マヒ者への障害に即した個別ケアの方法と、「やる気がない」「甘えている」などと誤解の多かったパーキンソン者への新しい介護の視点を提出する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【目次】
◎第1章◎脳卒中片マヒ障害とアプローチ
    ほんとうにやるべきは「病院病」
    なぜ片マヒとパーキンソン病なのか
    病理学的分類は医師に必要なもの
    片マヒの人の名を挙げてください、できるだけ
    右マヒと左マヒどっちを選ぶ?
    左マヒを選んだ理由
    困っているケースは左マヒに多くないか
    右マヒと左マヒでは関わり方が違う
    脳からの神経は左右逆になる
    右マヒ、左マヒに共通した障害1 手足の運動マヒ
    右マヒ、左マヒに共通した障害2 感覚障害
    感覚マヒには深部感覚のマヒも
    右マヒ、左マヒに共通した障害3 構音障害
    右マヒ、左マヒに共通した障害4 同名半盲
    同名半盲はなぜ起こるのか
    右マヒ、左マヒに共通した障害5 身体全体にクセが出る
    右マヒ特有の障害
    失語症者への誤解
    運動性失語と感覚性失語
    理解力の低下を見逃していないか
    無理にしゃべらせたりしないで
    介護職はマルチメディア
    共感にコトバは不要
    左マヒ特有の障害1 性格変容
    左マヒ特有の障害2 失行、失認
    失行を介助する
    失認という不思議な障害
    左側世界は存在しないかのよう
    性格変容は失認の影響か
    両マヒ
◎第2章◎脳卒中運動マヒの検査法
    マヒのレベルを知る必要
    ブルンストロームの回復ステージ
    回復の過程の特殊性
    共同運動からできるようになる
    共同運動から分離動作へ
    上肢の検査法
    上肢の屈筋共同運動
    上肢の伸筋共同運動
    上肢のステージ?の実用性は?
    分離動作へ
    ステージ?のテスト
    上肢の簡易検査法
    手指の検査法
    手指の簡易検査法
    それでは上肢の実用性は?
    下肢の検査法は上肢より簡単
    下肢の屈筋共同運動
    下肢の伸筋共同運動
    ステージ?で歩いてみる
    ステージ?~?への回復
    下肢の簡易検査方法
第3章◎片マヒ者のステージ別生活ケア
    何のための検査か
    ステージ?の生活ケア
    感覚脱失の人への留意点
    ステージ?と?の上肢の拘縮
    拘縮の原因は何か
    さあ、指を開いてみよう
    拘縮の予防は生活のなかで
    分離動作ができる人への生活ケア
    人は片手で起きられる、片足で立てる
    ステージ?でも起き上がりはできる
    ステージ?でも坐れる
    ステージ?でもちょっとの介助で立てる
    ステージ?、?は特にバランスに注意
    ステージ?、で歩行は可能だが
    実用歩行はステージ?から
◎第4章◎パーキンソン病者の生活ケア
    パーキンソン病と老化
    パーキンソン病になりやすい人
    誤解される理由1 機能障害の特異性
    誤解される理由2 機能の変動性
    誤解される理由3 機能低下過程の特殊性
    介助要求には気持ちよく応える
    パーキンソン病の古典的3大主徴
    ドーパミンの欠乏が直接の原因
    症状は2つ
    薬の投与
    固縮による特有姿勢
    筋の固縮による症状
    副交感神経優位による症状
    生活ケアⅠ 医療管理と運動
    奇跡が起こった!
    生活ケアⅡ 人間関係
    感情が豊かになれば進行は遅くなる
    生活ケアⅢ 機能低下時の介護力の確保
    知識や技術を生活のなかに生かすために
◎補章◎生活ケアQ&A
    Q1 手指のステージが低くて、生活に意欲が出ない
    Q2 本人の意向、尊重すべきか
    Q3 入浴時の留意点は
    Q4 排泄ケアの留意点は
    Q5 ベッドでの起き上がりが難しい

この商品を購入したお客様の声

まだレビュー投稿がありません