eかいごナビ > 雲母書房 > ケアの宛先
新規会員登録
  • バナー01
  • バナー02
  • バナー03
  • バナー04
  • バナー05

書籍

  • NEW
商品コード: 978-4-87672-333-1

ケアの宛先

販売価格(税込) 1,836 円
通常価格: 1,700 円
ポイント: 17 Pt(税抜き価格として)
個  数:
レビューを見る
【著者名】徳永進 【著】、 鷲田清一 【著】
【型名】四六判/並製
【ページ数】264
【発行】2014年06月15日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【内容】
ケアって、一筋縄ではいかない。だから、おもしろくて深い。マニュアルやコンプライアンスに縛られたり、息苦しさを感じている対人援助の現場にホスピタリティあふれる言葉を届けます。〈臨床の知〉をめぐる軽妙洒脱な対話!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【目次】
〈プロローグ〉交感するケア
おばあちゃんの朗読/迷惑かけてありがとう/言葉を掴まずに聞く/心はどこにあるのか/心を見ることは可能か/生活臨床という方法/〈弱さ〉のちから/痛みと快感

第1章 ベッドサイドからの哲学
京都への愛憎/地の言葉=方言の魅力/「はらわた語」について/「わかる」と「納得できる」/謝る作法/「土下座」の演劇性/もめ事の収め方/テキストとテクスチャー/哲学との出合い/正義至上主義への懐疑/「端緒が更新される」という経験/社会のベッドサイドにいること/哲学を汲みとる/現場から生成する哲学/鶴見俊輔の言葉から/二重性のままの解決/がん告知の功罪/「相対的にベスト」という選択/2・5人称という立ち位置

第2章 ケアを語る流儀と作法
瀬戸際のコミュニケーション/手のひらに描かれた「○」/ぐずぐずする権利/病室の空気が知っていること/気配を察知する力/「徴侯知」について/スポーツとケアの類似性/野球は役人的なスポーツ/理想的なチームのサイズ/演劇と動物から学ぶこと/父親の死について/臨終のことば/「死者を育てる」ということ/〈死〉を典型化する/フィールドワーカーの矜持/残された問題
第3章 〈死〉の臨床とユーモア
彼岸の意味/無呼吸の試練/哲学の長いトンネル/知識や技術を棚上げする/「宛先」の消滅/ちぐはぐな身体/「老病死」を取り戻す/笑いは死を受け入れやすくする/無差別微笑期について/24時間要介護というプロセス/プロの技としてのミニマムな表現/臨床にあふれる否定語/嫌いな臨床言葉/チーム医療・チームケアへの違和感/「パート」の二つの意味/「心のケア、お断り」という貼り紙

第4章 在宅という鉱脈[症例検討]
医療よりケアが大事/リーダーの三条件/他人に身を任せる技術/逸脱するヒトの「食」と「性」/喧嘩の効用[症例検討1]/胃ろうと延命[症例検討2]/生きることと生かされること/「合理的失敗」について/思いがけない医療者への謝辞[症例検討3]/手作り介護用品のぬくもり[症例検討4]/「在宅」という宝庫

〈エピローグ〉発酵する知
ファッションにはジャストフィットはない/正義は暴力に転化する/愉快なことをまじめに書く/言葉にはグラデーションはない/「自由」と「責任」の語源/語源からたどる西洋と日本/ふくらし粉の思想

この商品を購入したお客様の声

まだレビュー投稿がありません