介護セミナー

組織におけるリーダー看護師の責任と業務改善への取り組み・2日間【東京】
商品コード: 181117

組織におけるリーダー看護師の責任と業務改善への取り組み・2日間【東京】

過去のセミナー受講者の声

1)リーダー看護師の責任  ①看護は対象の自然治癒力を高めるように働きかけ,生活を支援する  ②看護業務には 2 種類ある  ③看護実践で重要なことは,患者の問題を解決すること  ④組織の中の「私」(リーダー看護師)は組織全体を考え, 「何をしたらよいか」を熟慮し行動する ⑤リーダー看護師の責任は, 看護実践家としてのモデルとなり, 看護チームで成果を出すことである 2)知っておきたいこと  ①看護実践者として提供する看護の質保証  ②病院看護部の社会的責任と守るべき法律,診療報酬改定等  ③マネジメントの基礎知識  ④問題解決技法 3)改善に取り組む  ①現状を知る:「あるべき姿」と「現状」のギャップが問題   〇看護の質保証の現状:看護実践 〇組織文化 ②私が考えている看護の「あるべき姿」を,看護師へ伝える  ③年間計画を提示する(動機づけ,基準手順改訂,教育,実践含む) ④計画を実践するための組織化をする ⑤組織目標に沿って活動した結果を,上司に報告連絡相談をする ⑥組織の活動について,看護の実際を確認し,評価する ⑦年度末,1 年の活動を評価後「標準化」する

リーダー看護師は,臨床現場では看護実践者として指導的役割を担うとともに,看護チームの中核とし てチーム全体がうまく機能するように気配りをします。常に全体を見ながら「今,私は何をしたらよい か」と考えながら行動します。リーダー看護師は,次世代を担う重要な看護師です。この時期にいる看 護師は多くの悩みを抱え,今後の進路についても考えています。管理職になろうとしている人,エキス パートの道へ進もうとする人,研究者や教育者の道へ舵をきろうとしている人もいるでしょう。このよ うな時期に,「看護」「組織」「リーダーシップ」等について,考える時間を持ちませんか? 看護師 の本来の業務である「患者の問題」を解決し,「看護実践」により看護師としての成果をあげる看護チ ームの構築に貢献しましょう。リーダー看護師が知っておいてほしいと思われる知識を確認し,どのよ うに考え,行動すればよいかを,3回に分けて行います。1回(8時間)完結としますので,どれを受 講してもかまいません。今回は,組織の中での「私」(リーダー看護師)の位置づけと責任そして業務 改善への関わりとして,どのように考え行動したらよいかを学習します。 


講師:得丸尊子(とくまる・たかこ)
有限会社ナーシングサポートセンターすばる代表 大分医科大学(現大分大学)医学部附属病院副看護部長 4 年、看護部長 6 年勤務。2006 年より、現職。

会場:お茶の水ケアサービス学院(両日共に)
日時:1日目2018年11月17日(土)10時~16時、2日目2018年11月18日(日)10時~13時
受講料:24,000円

【お申し込み方法・お問い合わせ】
※キャンセルについて、必ずお読みください。
※お申し込み方法は、お申し込み書を弊社までファックスしていただきます。

ホームページより、お申し込み書(PDFファイル)をダウンロードしていただき、お申し込みをお願いいたします。お申し込みは、お申し込み書をファックスしていただくか、お電話をいただければ幸いです。


http://www.comedicalacademy.com/kensyu/


ファックス番号は、03-3863-4006 です。

お問い合わせ番号は、03-6891-1234 です。


★キャンセル規定★

お申し込み後(お申し込み日を1日目とします)、7日目以降のキャンセルについては、お振り込み前でも受講料の半額のキャンセル料がかかります。
また、開催2週間前以降のキャンセルについては、受講料の全額のキャンセル料がかかりますのでご注意ください。キャンセルのご連絡がない場合は、キャンセル扱いにはなりませんのでご注意ください。