介護セミナー

介護現場で活かせるパーキンソン病(症候群)のケア【横浜】
商品コード: 191204

介護現場で活かせるパーキンソン病(症候群)のケア【横浜】

過去のセミナー受講者の声

最近は、個別ケアの重要性がうたわれており、個別化のために、全職員が一人ひ とりの障がいの特徴を理解して関わることが必要不可欠になってきています。 そして、パーキンソン病の高齢者が多くなるなか、パーキンソン病(症候群)に ついての理解を深めるため、本研修会を企画しました。 本研修では、利用者の状況やステージに応じた適切なケア(介護の方法だけはな く、過ごしやすい環境づくりを含め)について学びます。更に、具体的かつ現場で 即実践できるよう、わかりやすく解説します。 パーキンソン病(症候群を含む)の利用者をケアするスタッフやリーダー、ケア マネジャー、介護主任、医療職等のご参加を心よりお待ちしております。


カリキュラム  ●パーキンソン病とは? ・発症のメカニズム(原因) ●パーキンソン病(症候群)の特徴を知る 三大主徴(振戦・固縮・無動)について/構音障害と嚥下障害 ●その他のパーキンソン病(症候群)の特徴を知る ・機能障害の特異性 ・変動制(どのような要因で身体機能の状態が変わるのか)機能低下過程の特殊性 (老化との違い)、自律神経症状/姿勢保持障害/精神症状 ●パーキンソン症候群とは? ・発症のメカニズム(原因) ●パーキンソン病とパーキンソン症候群の違い ●グループワーク(さまざまな誤解を受けている) ●パーキンソン病(症候群)のケアの5つのポイント  ①医学管理(薬)と運動 ・ヤールの重症度分類 ・ドーパミン不足の影響を受けにくい奇跡  ②人間関係の場をつくる(仲間のいる場) ③進行過程におけるケア(いざというときの対応方法) ④環境整備(住環境・福祉用具) ⑤公的支援制度 ●[実技指導]日常動作と介助のコツ 寝たきりにならないために/すくみ足の対処法 ●[実技指導]症状を改善する効果的な体操 みんなで楽しくパーキンソン体操/一人でもできる機能回復運動


講師:大塚洋(おおつか・ひろし)

新しい介護研究所代表/理学療法士/介護支援専門員/福祉用具専門相談員/キャラバンメイト/生活とリハビリ研究所 研究員・介護アドバイザー


会場:帆船日本丸訓練センター

日時:12/4(水)9:45~16:45

受講料:11,000円


主催者ホームページ https://www.o-careservice.com/f-up/index.html より、申込書をダウンロードし、ファックス(03-3863-4006)または、お電話(03-3863-4000)にて、お申込をお願いいたします。申込にあっては、キャンセル規定がございますので、ご注意ください。集客状況などにより、中止の可能性もございますので、主催者にお問い合わせください。