eかいごナビ > リアル野球盤屋さん
新規会員登録

リアル野球盤とは

リアル野球盤とは、卓上で行う野球盤の基本はそのままに、広い所で人が動いて楽しもう!という趣旨で考案したレクリエーションゲームです。リヤル野球盤は「レクリエーションはどうしよう?」と悩みを抱えている高齢者施設・障がい者施設・幼稚園・保育園などにオススメです。

リアル野球盤のコンセプト -『誰でも』『楽しく』『安全に』-
誰でも---高齢者・障がい者・児童の皆さんにもプレーしていただけます。
楽しく---野球をご存知でない方も楽しくプレーしていただけます。
安全に---ルールを守ってプレーして頂ければ安全。
リアル野球盤の魅力

■ 誰でも簡単に「投球」「打撃」「守備」ができる!
■ 車椅子の方や足の弱い方でも利用できる!
■ 知らない間に楽しみながら運動できる!
■ 毎回違った展開を味わえるので何度でも楽しめる!

リアル野球盤の基本ルール

基本ルールは野球盤(野球)と一緒!

■準備
1.プレーエリアの準備
ラインを貼り、用具を展開する。
下図にイメージを示しました。
リアル野球盤イメージ

2. 審判ー主審を一人、副審を適宜決める。(基本はスタッフが行なってください)
主審の役割:ゲーム進行の責任者。判定や指導 安全への配慮を行う。
副審の役割:主審を補助し スコアや BSO を担当する。

3.チーム分け&ゲームの進め方
参加人数やゲームを行う時間を配慮してチーム分けを行う。
2 チームに分け、攻守を交互に行う。
参加人数にかかわらず2 チームに分け、打撃は全員が交代で、守備は定位置が7 人なので7 人より
多い時は交代で行う。7 人より少ない場合は投手以外で守備者空席を作る。
※空席:塵取り式守備道具のみ設置する。塵取り式守備は人を付けなくてもOK です。
チーム数が多くなった場合は、トーナメントや総当り戦で楽しむこともできます。

4.監督・キャプテン
各チーム、監督・キャプテンを決める。
監督の役割:チームの代表者。打順・守備順を決めチームをまとめ、チーム名を決める。
キャプテンの役割:先攻・後攻を決めるジャンケンをしたり、ゲームが円滑に進むよう指導する。
※場合により、監督・キャプテンは兼任したり、スタッフが代行しても結構です。

5.放送係(ウグイス嬢)
放送係をつくり、打順の紹介、実況、インタビュー等を行うと、より盛り上がります。

■競技方法
1.先攻・後攻を決める
主審がキャプテンを呼び、ジャンケン等で先攻・後攻を決める。

2.整列
ホームベースを中心にチーム別に整列し、試合前の挨拶をする。

3.攻守に分かれ所定の位置に
■先攻チーム
一番打者がスティックを構えて打席に入る。
二番打者以降は、打順の席順で応援席に戻る。

■後攻チーム
それぞれの守備位置につく。人数が多い時はイニング毎に交代する。
内野守備:塵取り式守備用具を使う
外野守備:タモ式守備用具を使う。
内野・外野共に椅子に座り、お尻を椅子から離さないこと。
※離した場合は、「エンカウント3 ベース(三塁打)」とする。
投球者:投手は投球用具の横でボールを持ち、投球準備をする。

4.試合開始
■プレイボール
主審が「プレイボール」を宣言する。

■投球
打者の打撃準備ができたことを確認し、投手はボールを投球用具の所定の位置に置き、ボールを離す。

■打撃
打者は投球されたボールをストライクと判断したらスティックで投球を打ち返す。

■打球判定
打球の行方で主審及び副審が判定する。
・三振(アウト)、フォアボールもある。
主審はボールが連続した場合、投球機の方向修正を行なってください。
・走者は打者の成績に応じて進塁する。
※例えば走者2 塁で2 塁打が出た場合は、2 塁走者はホームインとなる。
・チェンジ(攻守交代)について
3 アウトでの交代が基本。

■試合が終わったら
試合開始時と同様、ホームベースを中心にチーム別に整列し、試合後の挨拶をする。
主審が得点と勝利チームの発表を行う。

健康増進・授産施設の収益改善

■利用者の方の健康増進に貢献する。
高齢者の方の健康増進、障がい者の方のリフレッシュ、児童の楽しむボールゲームの種類が増える。

■「世代間交流」そして「障がい者と健常者の交流」に貢献する。
いろいろな立場の方の「自由で楽しい交流」・「相互理解」の道具として。

■授産施設の収益改善に貢献する。
「用具生産を授産施設の方に手伝っていただく」この効果で授産施設の収益改善に貢献したい!

生産の基本、まずは『手作り』そして『受注生産』

■ 障がい者施設の方の協力もいただいております。
■ 基本は『手作り』です。徐々に治工具を導入しております。
■ 基本は『受注生産』です。
お役に立つよう真心を込めて作ります。機能に影響ない寸法のバラつきや納入までに少しお時間を
いただくことについてご理解ください。